惣菜屋のアルバイトよりも高時給だったバレンタインバイト

私はローカルのお惣菜屋さんでアルバイトをしていました。大学に入り、一人暮らしを始めたのをきっかけにアルバイトを始めました。仕事の内容は基本が接客でお客さんから注文を聞いて惣菜の量り売りをしていました。お客さんのいない時は翌日の惣菜の仕込み(野菜、お肉の皮むきとカット)と店内の掃除や食器洗いをして閉店作業をしていました。

学生なので土日と平日に2~3回、夕方から仕事にでていました。平日は学業優先で学校の講義が終わり次第出勤してくださいという感じで融通がききました。テスト期間は頼めば休めたかもしれませんが特に休んだことはありませんでした。シフトはバイト仲間と相談して決めていて、どうにもならない時は店長に相談していました。食べ物を扱うため清潔感は大事で髪の毛はしっかり束ねてくださいと言われたことがありました。

服装は動きやすい服装で指定のユニフォームがありました。ユニフォームは毎日自分で洗濯して辞める時にクリーニングに出して返しました。クリーニング代は自分持ちだったのを覚えてます。時給は当時の最低時給で645円でした。3年くらいいましたが最低賃金が上がった時以外は時給アップはしなかったです。

安いなとは思いましたが、一応当日残ったお弁当屋やお惣菜を貰って帰ることができたので食費はかなり浮かすことができていたと思います。持ち帰ったおにぎりやパスタを大量に冷凍していました。確か、1週間で1000円くらいしか食費に費やしてなかったです。

また、実家では全く料理をしたことがありませんでしたが3年近くこの仕事を続けたので辞めるころには料理スキルはとても上達したと思います。いろいろな食材や料理を食べることができたので好き嫌いも改善されました。必要にかられて覚えたスキルは身につくものだと実感しました。新商品の味見をさせてもらって意見をだしたりすることもあり楽しかったです。

大学以外の知り合いや友人もできて、他のスタッフさんやお客さんとの会話も楽しく学業は大変だったけど仕事は楽しくやっていました。その後はバレンタインアルバイトを短期でやりました。高時給でけっこう稼げました。

アルバイトをして生活費を捻出

学生時代に体の不自由な方のヘルパーのお仕事をしていました。

初めは身体障害者の方のヘルパーのボランティアをしようとインターネットで検索して見つけた仕事だったのですが、当時ヘルパーがボランティアではできないという法律ができていたため、アルバイトとして始めることになりました。

時給は、昼が1000円くらいで、夜が仮眠ありで1300円くらいです。大体昼夜の二交代で、昼は9-17、夜は17-翌9時でした。

ただ、私の場合はご本人の自宅でヘルパーをしていたため、クライアントさんが変わると勤務開始時間も変更になりましたが、大体二交代が多いと思います。

お給料は大体日中で一回一万円以上、夜は一万円三千円以上ですが、夜はその方のベッドの近くで簡易ベッドで寝たり、別室で休んでインターホンなどで起こされるという感じでした。基本的に人員が不足していることが多いため、月に数日の勤務でも大丈夫なケースが多いです。

そのためテスト休みや帰省での長めの休みも比較的取りやすいですが、私のクライアントさんの場合は24h自宅介助だったため、早めに休む日を伝える必要がありました。(自分がいない所を誰かが必ず埋めなくてはいけないため。)

このお仕事において大切なことが、絶対にシフトに穴をあけないことです。クライアントさんは介護事務所を使っていたり、自身の介護事務所を作っていたりするので、そこに体調が悪い場合など連絡しますが、クライアントさんが自分で代わりのヘルパーを探さなければならない事も多々あります。

そのため当日いきなりいけなくなると大変な負担になります。出来る限り早めに連絡や相談することや、可能であればヘルパー同士で代わりの方を探すのが良いかと思います。

また、服装や髪型などは特に規定はありませんが、お仕事をするという意識で現場に入ることが大切だと感じました。お仕事を始める際に、何回か研修を受けたり、資格を取る場合もありますので(費用は事務所持ちも多い。)

学生の私には大変だったので、半年ほどで辞めてしまいました。その後もアルバイトはしましたが、お金に困った時はもちろんありましたね。周りの友達は学生でも借りれるローンを利用していましたが、私は利用したことがありません。

ヘルパーのアルバイトは「気軽にちょっとだけ働きたい。」というよりは、ある程度ちゃんと入りたい、という方の方が合っていると思います。

 

広島市で3軒の脱毛サロンに行ってみた結果

まず脱毛しようと思ったきっかけは、やはり自己処理が面倒なのと自己処理で肌あれを起こしたのがきっかけでした。

ただ脱毛サロンは、値段が高い事や色々勧められて買わされるという私の勝手なイメージで中々始められず。サロン探しには苦労しましました。

通い始めたら長くお付き合いする事になるのでカウンセリングには3軒ほど行きました。(※脱毛サロン選びに参考にしたサイト⇒脱毛広島市

どこも広告には安い料金が書いてあっても実際はオプションなどがついて全身脱毛しようと思うと40万円前後。コストが高くどうしようか悩みました。

その時出会ったのが脱毛サロンPIKAです。サロンの雰囲気は清潔感もあり清掃も行き届いていてキレイです。気になる料金ですがパックで25万円だったのには驚きました。

追加料金もかからず効果も抜群とのことで、最初は正直疑いました。ただカウンセリングのスタッフの方が丁寧に一つ一つ不安を払拭してくれたので契約に至りました。

予約もスムーズにとれます。一度の施術は全身で90分程です。他のお客様と顔を合わせる事がないのでお店側が工夫して下さってる気がします。(確認したわけではないです。)

施術後はメイクルームも利用出来るので帰る前に整えてから帰ることもできます。サロンには最初の3ヶ月は月に1度。それ以降は3ヶ月間隔をあけて通います。スタッフさんの接客は、みなさんとてもお客様想いです。冬

は脱毛のジェルがとても冷たく震えるくらい寒いのですが窓に発泡スチロールを敷き詰めなるべく店内が寒くならないようにしていたり、痛みが強い部分を照射する時には、気を紛らわすために話しかけてくれたりします。

痛みが嫌にならずに通えたのは接客がとてもいいからという点は大きかったです。足や腕など毛が薄い部分は痛みはないですがデリケートゾーンは10回目くらいまでは痛かったです。耐えられない訳ではないですが、生理前や肌が乾燥していると結構痛いです。

効果は通い始めて大体半年もすれば実感できます。毛が細くなり生えるのが遅くなります。2年以上通い全身脱毛は完了しました。本当に追加料金もなく通えたのでコスト面仕上がり接客などどこをとってもPIKAでよかったと思いました。

義経は卑怯者だった!?

源平合戦に登場し、兵士を最後は滅亡させた源義経、歴史漫画でカッコよく書かれる事も多いでしょう。しかし、実は義経は卑怯者だったと聞いたら、皆さんどう思うでしょうか?

歴史は勝者に優位に語られるとはよく言ったもので皆さんそう言われても「え?」って言われることも多いかと思います。でもこれ事実なんです。「じゃあ証拠を見せてよ」っと言われる方も多いと思いますのでお教えします。

まず、一の谷の戦いから申し上げます。実は一の谷の合戦の前に後白河法皇の仲介で停戦の和議が結ばれることになっていました。もちろんこれは後白河法皇の作戦なんですが、何はともあれ停戦協定が結ばれる事にはなっていたんです。

だから平氏側は不意打ちを避ける範囲では兵力を残してはいましたが、それ以外は非武装の状態も作っていました。しかし義経は「これこそ利用できる大チャンスだ」と踏んで東側を停戦状態にし、背後の鵯越を最終的に敢行する場所に自分を大将にして僅かの兵を率いて襲い掛かったんです。

当時の停戦協定のどれほどの効力があったかはわかりませんが、間違いなく義経はやってしまったのです。

そして壇ノ浦の戦いにおいては最低の事をやります。この壇ノ浦の戦いは海戦だったのですが当時の不文律として船頭や水主といった武器を持たず直接海戦に参加していないものは殺してはいけないというものがありました。

しかし義経は「海戦に参加している以上、兵士と同等に殺せ」と命令を下しました。結果、兵士は滅亡しましたが、義経もその4年後に殺されました。因果応報とでもいうべきでしょうか…